経理や記帳代行なら東京の経理・給与計算代行センター

東京 経理・給与計算代行センター

03-6261-4091 月曜〜金曜9:30〜19:00
お問い合わせ


HOME > 資金調達 > 事例詳細2

事例詳細2

資金調達事例2

WEB制作会社/2002年設立

運転資金として資金調達1,000万円を行いたい

課題

実績も相応にあり、案件は代理店経由で安定的に入ってきていたが、東北震災以後、案件が激減し、運転資金の確保が必要な状況であった。

また、過去の決算書のバランスシート(B/S)が痛んでおり、銀行の審査に耐えることが厳しい状況であった。

 

【問題】

  • バランスシートの安全性比率が低い
  • 案件ごとの収益性が不明瞭
  • 会社の強みが明確化されていない

解決のために

課題解決のために下記の施策を実施

 

1. バランスシートの改善

これまで運転資金が必要な際は、社長が会社にお金を貸し付けてまわしてきた経緯があったため、バランスシートの負債の部には社長からの借入金が計上されていた。今回、DES(デット・エクイティ・スワップ)という手法を使い、借入金を資本金に振替え、自己資本比率を高め、決算書上の安全性を改善しました。

 

2. 案件毎の収益性を見える化

案件毎に、原価・経費などを明確にし、案件毎の売上粗利益・利益率などを算出しました。この事により、収益性が明確化したのと同時に、当社の今後伸ばしていきたい分野(利益率が高いなど)など、当社の強みなども再定義しました。

 

3. 会社全体での業績計画を作成

今回の震災による影響はあるものの、バランスシートの安全性を高めたことを背景に、今、運転資金を確保できれば、返済は必ずできることを業績にて説明

コンサルティング結果

バランスシートを改善したことで、 金融機関から1,000万円・期間5年の資金調達に成功。

まずはお気軽にご相談・お問い合わせください。 東京 経理・給与計算代行センター 運営 株式会社ココペリ インキュベート KOKOPELLI incubate 03-6261-4091 月曜〜金曜9:30〜19:00 インターネットで24時間受付中
このページの先頭へ戻る